2020年7月11日(土)の晩ごはん「チンジャオロース」と、「作り置きとの闘い」

こんにちは。シングルマザーのRainyです。
2020年7月11日(土)の晩ごはんを紹介したいと思います。

今週は、主にこちらの食材と、冷凍してある肉、魚を中心に献立を考えています。

2020年7月11日(土)の晩ごはん「チンジャオロース」

・チンジャオロース
・ししとうのしらす炒め
・ぬか漬け(きゅうり、大根)

ししとうは母の庭で採れたもの。チンジャオロースにはピーマンのほかに赤、黄色のパプリカを使いました。

今週も、まとめ買いの食材で一週間乗り切りました。とはいえ、梅雨入り以降蒸し暑くなり、食材の持ちも悪くなっているので、今後買い出しを週2回に変えていかないとかなーと思ったりもしてます。検討して、また報告しますね。

作り置きとの闘い

「作り置きで、一週間ハッピーに過ごそう☆」という特集の雑誌を見かけて立ち止まる。

私も、一週間ハッピーに過ごしたい、と思って中をめくると、作り置きでいっぱいの冷蔵庫と、達成感に満ち溢れた奥さまたちの写真が紹介されている。

おお、この人たちは平日、「今日何作ろう」と頭を悩ませることもなく、バタバタと調理をすることもなく、冷蔵庫から出したこれらの作り置きをスッと並べ、「さあ、ご飯にしましょう」などと、家族そろってニコニコと夕飯を食べているのか。

彼らの心の余裕を思ってクラクラする。

作り置きを中心とした食事を済ませ、お風呂に入り、アイスクリームやフルーツのデザートを食べ、絵本を何冊も読んで寝るのだろうか。まぶしい。

私とは大違いだ。

私は、作り置きをしておくことはもちろん、それを計画的に消費するのも苦手だ。作り置きをして、安心できるのは束の間。そこから始まるのは「作り置きとの闘い」だ。

わるくなる前に早く消費しないと、という気持ちに支配され、作り置きがないときよりも慌ててしまう。みそ汁と作り置きとの「野菜被り」の回避や、作り置きに合ったメイン料理の作り足しなど、気にしなければいけないことが増えて、私の脳の処理能力を超えてしまう。

というわけで、もぐらたたき的に毎日の献立を決めることが多い私ですが、今日は作ってみたよ。作り置き。来週一週間のハッピーを夢見て。

今週一週間で使った食材と、食卓のまとめはこちら。

コメント