2020年10月13日(火)「ステーキ」とMomoの質問

こんにちは。シングルマザーのRainyです。
2020年10月13日(火)の晩ごはんを紹介したいと思います。

今週の食材はこちらです↓

Sponsored Links

2020年10月13日(火)「ステーキ」

特売で100g148円になっていたアメリカ産牛肉をステーキにしました。よく買うオーストラリア産のステーキ肉と比べてやはり少し筋が多く固め。オージービーフは美味しいんだなあと改めて思いました。じゃがいもは北あかり。Momoが「さつまいも?」と言うくらい優しい色で、ほくほく甘くて美味しかったです。

Momoの質問

ステーキ肉を焼くとき。我が家では、焼き上がってからそれぞれの量に切り分けるというふうにしています。理由は単純、生肉用のまな板を出すのがめんどくさいから。

昨日の夜。いつものように、一枚の大きなステーキ肉をフライパンに入れる。ジュウーといい音がして、そのうち美味しそうな香りも漂ってくる。と、居間で折り紙を折っていたMomoがふわふわとキッチンに入ってきた。

フライパンを覗くMomo。「どう?いいにおいでしょう」と言うと、こんなことを聞いてきた。

「これ誰のお肉?」

「Momoと、お母さんふたりのだよ。大きなまま焼いて、焼き上がってから切り分ける予定なの。」と説明する。えええー、となんだか不満そうなMomo。

もしかして、ステーキの気分じゃなかったか。それか、切り分けてから焼いて欲しかったのか。

「切ってから焼いて欲しかったということ?」と聞いてみる。

「そうじゃなくて~、Momoは誰のお肉?って聞いてるの。」ますます不機嫌だ。

「Momoと、お母さんのお肉だよ。焼き上がったら切り分けるから、心配しなくて良いよ。二人分ちゃんとあるからね」となだめる。と、突然。

「違うの!!Momoが聞いてるのは、これは誰さん・・のお肉なのかってことなの!!!!」

誰さんのお肉…。ああそうか、と気づく。Momoが知りたかったのは、何の動物のお肉なのかということだったのか。

ごめんごめん、牛さんのお肉だよ、と答えると、「牛さんか、かわいそうだよ~」と言って、ふわふわと折り紙に戻って行ってしまった。

前にも書いたことがあるが、Momoは大の動物好き。幼いながらにして、人間が動物のお肉をいただくことに悲しみを抱いているようなのだ。まあ、食べ始めたらうまいうまいとおかわりもするけどね。

それにしても、調理中に聞かれる「これ誰のお肉?」は難易度が高めだなあと思う。本当に「Momoのお肉」だったら大変だ。コミュニケーションっておもしろい。

コメント

  1. Lino より:

    はじめまして。最近シンママになりました。お料理がすごくて思わずコメントしてしまいました。今後参考にさせていただきます!まだまだ小さいお嬢さんの子育て大変なこともあると思いますが頑張ってください。

    • Rainy Rainy より:

      Linoさま
      はじめまして。コメントいただきとても嬉しいです。参考になることは何も書けていませんが、ぜひまた見に来てください。シングル生活は大変ですが、一緒に頑張りましょう!