家計管理方法

このページでは、我が家の家計管理方法について紹介しています。

Sponsored Links

1.Rainy家の家計管理サイクル

1.月半ばに給与が振り込まれます。

2.月末までに、翌月の予算を立てます。
  *毎月の予算はこちらのページで紹介しています。

3.予算に従ってお金を振り分け、翌月1日~末日までの生活費として運用します。

4.1ヶ月が終わったら、各予算の余りを集め、メイン貯金に追加入金します。

5.予算と実際の支出を集計して家計簿にまとめます。
  *毎月の家計簿はこちらのページで紹介しています。

ちなみに口座は住信SBIネット銀行を利用しています。メインの口座とは別に「目的別口座」という子口座を5つ作成できるので、口座内での袋分けができ、とても便利ですよ♪

2.平均的な月の予算はこんな感じです

各項目について簡単に説明していきます。

1.給与(手取り): 170,000円
社宅に住んでいるので、給与天引きで家賃を支払っています。天引き後の手取りが約17万円です。
離婚裁判中のため母子家庭向けの手当(児童扶養手当など)は対象外。夫からの婚姻費用や養育費の支払いもないため、私ひとりの給与でふたりの暮らしをまかなっています。

2.食費: 18,000円(米含まず)
月曜日に一週間分の食材をまとめ買いし、それ以外にはできるだけスーパーに行かないようにしています。買い出しの内容は、毎週、買い出し報告で紹介しています。お米は実家からいただいているので含みません。会社に持って行くお弁当についてはこちらの記事を参照。

3.日用品費:7,000円
洗剤、掃除用品、化粧品、消耗品を購入するための予算です。

4.光熱費:14,000円
電気、都市ガス、水道料金(二ヶ月に1回)です。

5.ガソリン代:10,000円
車通勤のためガソリン代がかかっています。毎週末、近所のスタンドの特売日に給油しています。

6.おこづかい:20,000円
保育料・保護者会費(約2,000円)と携帯料金(約2,000円)を含みます。
上記を引くと、実際に使えるのは16,000円程度です。

7.車積立:7,000円
所有している軽自動車の、税金代、車検代、保険料として月7,000円を積み立てています。出費が発生した際には積立から支出します。

8.Momo貯金(学費):40,000円
Momoの将来のため、月40,000円を積み立てています。年に12万円支給される児童手当やMomoにいただいたおこづかいなども、全額こちらに積み立てています。年に二回の大きなプレゼント(誕生日、クリスマス)のみこちらから支出しています。

9.メイン貯金:52,000円
Rainy家のメインの貯金です。残業代の有無や月々の予算調整により変動しますが、平均の貯金額は月50,000円程度です。

3.まとめ

我が家では、このような家計管理方法で、年間の手取り約204万円のうち、120万円ほどを貯金しています。これだけ貯蓄に回せるのも、社宅に住んでいて家賃が低く済んでいる(約2万円)からです。その点、民間の賃貸に住んでいるみなさんには、参考にならないかもしれません。社宅に住むことができるのはあと1年ちょっとの間なので、それまでにできるだけ多く貯蓄しておきたいと思っています。また、社宅を出たあとは公営の団地に移り、できる限り家賃を抑えられたらと思い情報収集中です。

Sponsored Links
Sponsored Links
\シェアする/
Rainy Days