2021年2月21日(日) Wはダサいらしい

こんにちは。シングルマザーのRainyです。
少し前の献立になりますが、2021年2月21日(日)の晩ごはんを紹介したいと思います♪

Sponsored Links

2021年2月21日(日)「トマトスープ」

・トマトスープ(鶏挽き肉、にんじん、大根、しめじ、玉ねぎ、トマト缶、バター)
・サラダ(シーチキン、レタス、きゅうり、トマト)
・黒糖と無花果のライ麦パン(買い足し)

週末出かけた先のおしゃれなパン屋さんでゲットしたライ麦パンを主役に、スープとサラダで晩ごはんにしました。

ドレッシングはこれ。私が一番好きな「フォロのドレッシング」

もともとは徳島の駅前にあるレストランの手作りドレッシングで、人気が出たのでこうしてボトルに詰めて売るようになったんだとか。添加物が何にも入っていないんです。その分賞味期限は短めですが、問題なく使い切れちゃうくらい、本当に美味しいです!

都会の方にお住まいの方は、カルディとか富沢商店で手に入ると思います。(たしか、富沢商店には他にもいろんなフレーバーがあったと思います。)

学生時代カルディでバイトしてた頃は、「フォロミール」という名前で赤いキャップのボトルに入ってたんですよね。なんかアメリカンなデザインのウサギがかいてあるボトルで可愛かったんだけど、いつのまにかデザイン変わっちゃったのね。残念(個人的には)。あ、味は変わらずおいしいですよ!

Wはダサいらしい

ネットか雑誌の記事で、高校生へのアンケートの結果を紹介しているのを見た。アンケートの内容は、「笑・(笑)・w・ww」のうち、どれを使うかということ。

驚くことに、今の若い子たちの主流は「笑」なのだそうだ。「wはなんかもう時代遅れだしオタクっぽい」的なコメントまでついていた。

よく考えると、私はブログで結構wを使っているように思う。たしかこれ、私が高校生のころ(=15年前)に覚えて、そのまま使い続けているのだ。つまり、「なんかもう時代遅れだしオタクっぽい」というコメントは極めて的確である。

「時代遅れだしオタクっぽい」ということに反論する気はないが、なぜ、その事実に気づかずこんなにも長い間使い続けてしまっていた(る)のかを解説すると、私の同年代は同じようにみんなwユーザーだからだ。普段連絡を取り合う人たち(ま、数人しかいないけど)の間では、wの使用はまだまだ普通で、wは未だ、絶大な市民権を保持しているのである。

たしか私が中学生のころ。wが一般的になる前は「ワラ(半角)」が随分流行っていたような気がする。ということは。この理論で行くと、私より一回りぐらい上の世代は、も「ワラ」を使っているのかもしれない。ちょうどワラ世代の友人がいないので確かめようはないんだけれど。

40代のマダムたちが「今日ランチ行ったのは、主人には内緒ねワラ」「ええ了解よ。ワラ」などのやり取りをしているところを想像し、胸が熱くなる。

ちなみに、私の母(もうすぐ60)は(笑)と書く。書くだけでなく「カッコワライ」と読み上げる。この、読み上げというのはかなりミソだと思う。すでに時代遅れとされている「w」から見ても明らかにダサい。

ちなみに英語ではみんな’haha’とは’hhh’とか書くけど、これにもダサいとかダサくないとかあるんだろうか。友人のお母さんがYouをUと書いてるのを、娘がダサいと批判しているのは見たことがあるんだけど。

そういえば昔タイの友人とメールのやり取りをしたとき、語尾に大量の’5’が書かれていた。’555555555555555555’という感じだ。タイ語でいう「笑」を示す文字が、数字の5に似ているのが語源らしい。成り立ちが日本語のwと似てるよね。

コメント