放送大学大学院(全科生・人間発達科学プログラム)に出願した話。

シングルマザーのRainyです。お久しぶりです。

夏休みの間目の回るような忙しさで、かつ体調を(精神的に)崩してしまったりもあって全然ブログ書けてませんでした〜。

8月もう終わりなのに、7月の家計簿もアップできてない、、、です。

Sponsored Links

大学院に出願しました。

で、そんなに忙しく何をしていたかというと、8月26日の締切に向け

大学院出願の準備!

をしていました。

前回のブログにも色々書きましたが、迷った結果出願したのは『人間発達科学プログラム』。

当初考えていた『臨床心理プログラム』にはしませんでした。

提出したのは

①出願票(履歴書みたいなもの)
②研究計画書(1000字)
③志望理由書(700字)
④出身大学の卒業証明書(原本)
⑤出身大学の成績証明書(原本)

⑥出願料の領収書(原本)

です。

④〜⑥は原本である必要があるため全員郵送、①〜③は郵送・インターネット出願どちらもOKでした。

が、私は全て郵送で送りました。

なぜなら、研究計画に「使用できない文字が含まれている」というエラーが出て、何をやってもダメだったから。

システムの仕様上、書いた内容を一時保存することができないため、何度もやり直して大変な思いをしました。

と、そんな感じで提出自体も大変だったのですが、その書類を準備するのがこれまた本当に大変でした。

なんせ私は研究計画を立てたことなどなく、それを書面にまとめたことももちろんないど素人で、本当に何から手をつければいいのやら、という感じだったので。。。

運よく大学の教員をしている知り合いがいたので、アドバイスをもらいながら計画を立てていきました。

まず、CiNiiGoogle ScholarJ-STAGEといったサイトを利用して、自分の興味に近い論文を数本見つけます。

年代の新しい順に読み込んでいくと「その分野・課題の研究がどこまで進んでいるか」とか「どんな知見があるのか」ということがわかってきます。

↑と、いとも簡単に書いてますが、これにめっちゃ時間がかかりました。しかも、いろんな論文を読んでいると「やっぱり研究課題変えようかな、これだと研究方法が全然検討もつかん」とか「そもそもこれって私の趣味では??」と思うようなことがあったりして。

私の場合、5つ(多!笑)ぐらいの研究課題から最終的に一つに絞りました。

結局、自分自身が一番やってみたいという研究課題は選ばず、ある程度実現が現実的であろうものを選びました。

志望動機書の方は700字なので書いてみるとあっという間で、

・なぜ放送大学大学院なのか(働きながら学びたいから)
・なぜ『人間発達科学プログラム』なのか
(臨床心理士がゴールでないため。人間発達科学プログラムはより分野を跨いだ学びが可能なため)
・今までのキャリアと研究課題の共通点(大学で専攻した語学と研究課題の関連性)
・研究題目について深く考えるに至った理由(子育て経験)

という感じのことを文章にしてまとめました。

できるだけ客観的な言い回しになるようには気をつけたけれど、それでも主観性の強い文章になってしまっていると思います。まあ仕方ないのかな。志望した「理由」ってそもそも主観だし。

研究計画書の書き方はまとめるとずいぶん長くなってしまいそうなのでここでは割愛しますが、そのうちにまとめることができたらなと思っています。

ちなみに、参考文献を選ぶ際、私はいわゆる「レビュー論文」というものを選びました。

レビュー論文とは、それまでに行われた関連分野の研究を集めて検証し、まとめてある論文のことです。

一般的な論文を一個一個読んでいくよりはるかに効率がいいので、これから文献探しをする方にはぜひお勧めしたいなと思います。

後期は実際の受験、他の大学院への出願、後期授業などまたもや盛りだくさんになる予定です。

ブログは頑張って続けていうつもりなので、皆さんぜひまたみにいらしてくださいね。お待ちしています。


クリックで応援お願いします↓ Rainy♪
にほんブログ村 大学生日記ブログ 社会人大学院生へ
にほんブログ村 その他日記ブログ シングルマザー日記へ
にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
大学院
Sponsored Links
Sponsored Links
\シェアする/
Rainy Days

コメント