2020年8月10日(月)、11日(火)の晩ごはん「ハッシュドビーフ」

こんにちは。シングルマザーのRainyです。
2020年8月10日(月)、11日(火)の晩ごはんをまとめて紹介したいと思います。(2日連続ハッシュドビーフだったから…)

今週は、主にこちらの食材と、前回の買い出しからの残りでやりくりしています。

前回の買い出し↓

2020年8月10日(月)、11日(火)の晩ごはん「ハッシュドビーフ」

2020年8月10日(月)
2020年8月10日(月)

・ハッシュドビーフ
・ビーツのスープ
・トウモロコシ
・サラダ

2020年8月11日(火)
2020年8月11日(火)

・オムライスwithハッシュドビーフ
・サラダ
・ビーツのスープ

ボルシチもどきのビーツ入りスープ

数日前、サラダにしてはじめて食べたビーツ。コンソメとトマト缶で煮込んで、スープにしてみました。前回は、食べた感想として「おもしろい味」とか書きましたが、私これ、苦手かもしれない……..。

芋っぽい香りとシャキシャキとした食感が相まって、スープの中に「生の芋」が入ってるような感じ。「これは生の芋ではなくビーツ、生の芋ではなくビーツ」と自分に言い聞かせるものの、ぬぐえない「生芋感」に途中でギブアップ。

調理方法が悪かったのかなあ。それとも、サワークリームを入れてないからだめだったのか。

「芋じゃない、芋じゃない」とつぶやく母を横目に、「私は別に苦手じゃないな」と言いながら難なく食べるMomo。おお、さすがだ。と思う。Momoは、保育園でも驚かれるほど好き嫌いが少ないのだ。

少ない、というかほぼ「ない」に等しい。今まで食べられなかったのは「パクチー」ぐらいで、ピーマンやセロリなどの「子供に不人気系野菜」も、生でポリポリ食べてしまう。

ということで、私は「野菜嫌いの子供にどうやって栄養をとらせるか」という悩みを持ったことが幸いにもなく、「苦手な野菜をハンバーグに忍ばせる」ような、子の健康を思う母的工夫というのをしたことがほとんどない。

成長の中できっと、苦手になっていく野菜もあると思うけれど、いろんな味を受け入れられる今の味覚を、大事に育ててあげたいなあと思う。

コメント