シングルマザーですが、働きながら放送大学大学院の修士課程に挑戦します!

こんにちは。シングルマザーのRainyです。
少し前にちらっと書いた「これからのこと」について、少しずつ書いてみようと思います。

Sponsored Links

32歳にして新しい「将来の夢」を定める

私大文系しか出ていない32歳の私ですが、これから修士・博士の学位をとって「研究者」の道に進みたいと思っています

今まで勤めていた会社で「研究者」の先生方と関わる機会が多くありました。その中で、私の年齢でも利用できる奨学金制度があることや、年齢や境遇に関係なく「学業に戻る」という道を選ぶ人がたくさんいること(特に外国人にはめっちゃいる!)を知りました。

ある先生から「自分のやってる仕事は『名前の残る仕事』だ」という話を聞いたとき。「ああ、私は、名前のない、会社の歯車だなあ」と思いました。

と同時に「私にしかできない仕事ってなんだろう(あるのかな)」ということを考えるようになりました。

今までの人生で経験してきたことを整理してみると、常に「家族というコミュニティの問題」に悩んできたなあ、ということに気がつきました。

シングルマザーは日々の生活を成り立たせるのに必死なことが多く(むろん私もその一人です!)わざわざ選んで茨の道を行く、というのは「ヘン」な選択肢かもしれません。

でも、だからこそ。シングルマザーがどん底から這い上がって、当事者として家族の問題に取り組む研究者になる、という事例を作りたいって思ってます。

放送大学大学院の修士課程(臨床心理プログラム)に挑戦します!

というわけで。

まずは来年4月から3年間をかけて、放送大学大学院の修士課程(臨床心理プログラム)を修了しようと思っています。(働きながら)

最初の一年は「修士選科生」という身分で必要な単位を取り、残りの2年は「修士全科生」として、実習や修士論文の執筆に取り組みたいと思ってます。

ちなみに、通常修士課程は2年間で修了できますが、上記のように3年かけて履修することで「ひとり親教育訓練給付金」を受給対象となり、通常530,000円のところ自己負担額254,000円で修士の学位を取得することができます。(臨床心理プログラムの場合。その他のプログラムはもう少し安いです。)

給付金の話はまた別の記事で詳しく書きますね!

がんばるぞ!

追記

新しい仕事について書きました。ぜひご覧ください。

コメント