2020年6月29日(月)の晩ごはん「小松菜と豚肉のあんかけ卵のせ」

こんにちは。シングルマザーのRainyです。
2020年6月29日(月)の晩ごはんを紹介したいと思います。

今週は、主にこちらの食材と、冷凍してある肉、魚を中心に献立を考えています。

2020年6月29日(月)の晩ごはん「小松菜と豚肉のあんかけ卵のせ」

栗原はるみさんのレシピで。

・小松菜と豚肉のあんかけ卵のせ
・水菜と鶏の梅サラダ
・ぬか漬け

「小松菜と豚肉のあんかけ卵のせ」は栗原はるみさんのレシピで。これ、おいしすぎて今まで何回作ったかわからないほど。男心をぎゅっとつかむ、ご飯の進む味です。つかむ男心ないけど…。みなさんもつくってみてね。

ちなみに私、この料理のことをずっと「小松菜と豚肉のたまごあんかけ」って呼んでいたんだけど、栗原さんのレシピを改めて見てびっくり、おまえ、「小松菜と豚肉のあんかけ卵のせ」っていう名前だったのか。

よく考えたら「たまごあんかけ」では全然ないし(笑)(むしろたまごあんかけって作ったことないぞ)、「小松菜と豚肉で作ったあんかけに卵をのせる」という調理手順的視点から見ても、的確で無駄のないネーミングだと思います。

でも…。栗原さん、どうして「たまご」ではなく「玉子」でもなく「卵」を選んだんだろうか…。

例えば「小松菜」の表記は主に「小松菜」と「こまつな」の二択だが、「圧倒的食材感」を誇るのは前者だと思う。「こまつな」が醸し出すのは、ホームセンターで売ってる「こまつなのタネ」感。一方「卵」には「卵」「たまご」「玉子」「タマゴ」、さらには「エッグ」という選択肢があるが、どれが料理名に入ってきても割と違和感がない。

そして何より驚いたのが、栗原はるみさんの年齢。なんと73歳!なんだそうです。

コメント